人手不足対策をすることのメリット・デメリット

人手不足問題は、非常に深刻です。対策をしなければ、ミニストップや「すき家」などを運営するゼンショーグループ、「笑笑」・「白木屋」などを運営するモンテローザのように、人件費の高騰などで赤字を出し閉店に追い込まれてしまいます。

つまり人手不足対策は重要です、しかし、人手不足対策をすることにより、ないようには思えますがデメリットがわずかながらあります。今回はこの点も解説してまいります。

 なぜ人手不足対策がなぜ重要なのか

今現在、女性の社会進出や、高齢者の再雇用、就職氷河期世代の採用など様々な採用活動などにより、労働力人口(働く意思のある人数)は統計開始以来トップクラスです。なのになぜ人手不足なのでしょうか?、それは、少子高齢化の影響です。



女性や高齢者は、重労働や生活のリズムが崩れるような仕事、家計に支障が出るような仕事など、ネガティブなイメージのついた仕事を避けています。そのため、建設業やサービス業、福祉などの仕事が人手不足になっています。

しかし、一般事務職に関しては有効求人倍率が0.24(4人のうち1人のみ採用)とも言われているくらい希望者が多いのが現状です。事務職は残業が少なく定時で帰れる上、重労働ではありません。

逆にサービス業の場合、働いてへとへとになった後に重労働な家事をしなければならなかったり、不定のシフト性のため、子供を一人で家に置いておかないといけなかったりと、ネガティブなことが多いのです。つまり、希望が合わなければ、働くことができないのです。

一昔前は、体力があって、自由な時間がある(家庭などを持っていない)人たちの数(人口自体)が多かったので働き手はいたのですが、今現在は少子高齢化の影響でその世代の人口が減少していっています。



今後より一層少子高齢化による人手不足が進むと推測されるため、全企業が人を集めるため様々な対策を行っていくと予想されます。逆に人手不足対策を行わない会社は、人手不足の影響で事業縮小や、倒産などに追い込まれる可能性が非常に高いのです。

 人手不足対策をすることによるメリット

労働環境の改善

これは、誰もが希望することでしょう。
労働環境が悪いと、人生の幸福度の低下、死亡率の上昇、健康度の低下(うつ率の上昇、肥満率の上昇、栄養バランスの悪化、欠勤の増加)、生産性の低下、コミュニケーションの悪化、家庭・友人関係の崩壊、自己啓発の減少(一定以上優秀な社員にならない)、人件費の上昇などマイナスな面(研究による)しかありません。これらがひどくなると、離職者が増えさらに労働環境が悪くなるという悪循環に陥ります。したがって企業にとっても、人手不足対策をした方が利益になります。

 生産性の向上

人手不足対策として、離職率を減らした場合、ベテラン社員が多くなります。当然ですが新人と比べてベテランの方が仕事に対する効率がいいです。つまり、費用(給料)対効果が高く、企業の利益になります。

 研修のコストカット

同様に離職率を減らした場合、採用する人数が少なくて済みます。そうなれば、研修に対する、会場費や経費、人件費など大幅カットができます。

 リクルート費のカット

同様に離職率を減らした場合、リクルートサイトの求人掲載料の削減、面接などの選考コストの削減もできます。大手求人サイトで広告を載せるのに数百万円かかる場合も多く、相当額が削減できます。

 選考

同様に離職率を減らした場合、より優秀な人材を面接で選び採用することができます。そうすると、企業に大きく利益をもたらすかもしれません。

 副産物

人手不足対策は、仕事へのモチベーションが上がるような政策やその企業独自の働くメリットを作ることです。つまり、1人当たりの生産性を上げたり、チームとして団結力を高めたりします。そうなると、必然的に会社が成長していきます。

 人材の力

人を1人採用したら、その1人の感性や考えが企業に加わるはずです。2人なら2人分の感性・考え。3人なら3人分の感性・考えが加わるはずです。つまり、アイデアを求めた時、出てくるアイデアの数が増えます。アイデアは、大量に出し、組み合わせたり工夫したりすることで、会社を揺るがすようなアイデアになったりします。

つまり、うまく(人数が増えたからと言ってそのまま「アイデア出して」と言った場合、逆に質・量ともに低下する。)人材を使うことによって、成長企業になることができるのです。

 人手不足対策をすることのデメリット

デメリットは1つだけあります。それは、人が次々入れ替わらないことです。人が次々入れ替わることで、多種多様な感覚や考えを知ることができます。

ただし、そのような感覚や考えを常に引き出そうとしている会社のみのデメリットになります。ほとんどできていませんが。

 まとめ

人手不足対策をするデメリットがありますが、ほとんどの企業は気にしなくていいデメリットです。

それよりも、人手不足対策をすることで会社だけではなく、”自分の人生”に大きなメリット(幸福度上昇や家族・友人関係の向上などなど)をもたらします。自分の人生を良いものにしたいならば、必ず行動したほうがいいです。行動しなければ、人手不足が今後どんどん悪化していく可能性が非常に高いです。

なかなか難しいとは思いますが、自分のため、同僚のために動いてみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です